【カラオケバトル】3月1日『歌の異種格闘技戦15』の結果&優勝者は誰!

スポンサーリンク

2017年3月1日に放送された『THEカラオケ★バトル 歌の異種格闘技戦15』の優勝者や出場者の選曲と、それぞれの得点などについてまとめました!

今回は『春のグランプリ』を控えた大事な一戦でありながら、歌のスペシャリスト達が集結し、熾烈なバトルを繰り広げられた様ですね!

それでは、『歌の異種格闘技戦15』の頂点に輝いた人物と、各々の得点を合わせて見て生きましょう!

KB_Fotor

 

予選Aブロック

 

① 中井智彦

 

【元劇団四季代表】

東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業後に劇団四季へ入団し、わずか2年にして看板ミュージカルの一つ『美女と野獣』の主役を射止めた実力者!

昨年に行われた『歌の異種格闘技戦13』に出演した際も高得点を叩き出すも、新トップ7・RiRiKAさんに敗れてしまったが、果たして今回は決勝へ進出することができるのか!?

 

  • 歌:尾崎紀世彦
  • 曲:さよならをもう一度
  • 得点:98.782点

 

② 二宮愛

 

【ミュージカル代表】

2017年に公演されるミュージカル『レ・ミゼラブル』の厳しいキャストオーディションに参加し、ミュージカル未経験にもかかわらず、ヒロインの座を射止めた実力者!

昨年12月の同大会では、まさかの予選敗退を経験し、挫折を味わった彼女だが、リベンジを果たせることができるのか?!

 

  • 歌:ABBA
  • 曲:Chiquitita
  • 得点:99.382点

 

決勝進出!!

 

③ 七瀬りりこ

 

【元宝塚代表】

かつて宝塚の最終兵器とも呼ばれ、これまでにもカラオケ★バトルでは2度の優勝経験もあり、初代トップ6の一人が参戦!

昨年の『春のグランプリ』で現トップ7・宮本美季さんに敗れトップ6から陥落してしまい、悔しい思いをしてしまった。

リベンジの機会をひたすら待ち、予選敗退から1年が経過した今回では遂に因縁の対決が実現できそうだが、果たして決勝進出することができるのか!!

 

  • 歌:平原綾香
  • 曲:威風堂々
  • 得点:99.158点

 

④ 小野正利

 

【ロック代表】

1992年に『You’re the Only…』が100万枚を超えるセールスを記録し、NHK紅白歌合戦にも出場したレジェンドシンガーが初参戦!

2009年にはヘヴィメタルバンド『ガルネリウス』のボーカルとして加入し、アジアやヨーロッパなどでもツアーを敢行するほど世界的に人気を博しているが、果たしてその実力やいかに!!

 

  • 歌:X JAPAN
  • 曲:Rusty Nail
  • 得点:95.592点

 

予選Bブロック

 

① KIKURI

 

【R&B代表】

EXILEのボーカリスト・ATSUSHIと地元が一緒で、2004年にはATSUSHI率いる4人組グループ『COLOR』のメンバーとしてメジャーデビューも果たした伝説のコーラスグループシンガーが参戦!

ATSUSHIに認められた歌声で予選突破を目指す彼だが、果たしてその歌声は一体!?

 

  • 歌:一青窈
  • 曲:ハナミズキ
  • 得点:98.675点

 

② SAYUKI

 

【ソウル代表】

弟が人気俳優の山田孝之という超実力派女性シンガーが初参戦!

19歳の頃にグラミー賞受賞アーティスト・フージーズのメンバーから歌声を絶賛され、20歳でメジャーデビューを果たしたが、現在は自らのレーベルを立ち上げ、活動の幅を広げている彼女だが初出場で超高得点をたたき出せるか!?

 

  • 歌:PRINCESS PRINCES
  • 曲:M
  • 得点:97.748点

 

③ 松阪ゆうき

 

【民謡代表】

民謡仕込みの伸びやかなロングトーンと、音大で学んだオペラ式の深いビブラートを併せ持つ民謡界のニュースターが参戦!

これまでにもカラオケ★バトルで遺憾なく発揮され、毎回高得点を叩き出したが、RiRiKAさんや宮本美季さんらトップ7に敗北し未だに優勝経験がない。

今回はトップ7の歌唱法を徹底研究し初優勝を目指すが、果たして宮本美季さんとの直接対決を勝利し決勝へ進出することができるのか!?

 

  • 歌:秋元順子
  • 曲:愛のままで
  • 得点:99.228点

 

決勝進出!!

 

④ 宮本美季

 

【ジャズ代表】

アメリカ・ボストンにあるパークリー音楽大学を飛び級で卒業した超エリートジャズシンガー!

圧倒的な歌声で昨年1月の初出場から快進撃を続け、わずか1年足らずでカラオケバトル年間チャンピオンにまで上り詰めトップ7の仲間入りを果たした超実力者!

頂点を極めた彼女の新たな目標はカッコよく見せて、点数も取るとのことだが、果たして自分らしく勝つことができるのか!?

 

  • 歌:ONE OK ROCK
  • 曲:Wherever you are
  • 得点:99.062点

 

スポンサーリンク

予選Cブロック

 

① ELISA

 

これまでにリリースした14枚のシングルCDがすべてテレビや映画のアニメの主題歌に起用されたエンジェルボイスのアニソン歌姫が参戦!

アニメファンから絶大なる人気を誇り、透き通った歌声で聴くものを魅了することから、エンジェルボイスとも呼ばれ、アメリカやアジアで行ったライブも大成功を収めるほど世界でも人気を博している彼女だが、果たして実力を見せつけ高得点を出すことができるのか!?

 

  • 歌:田村直美
  • 曲:ゆずれない願い
  • 得点:95.883点

 

② 藤田麻衣子

 

【J-POP代表】

ライブで歌い始めると会場の観客がたちまち涙を浮かべる光景から、『泣き歌の女王』の異名を持ち、2013年には日本武道館でのソロライブ、さらには昨年に中国でのソロライブも成功させた実力者!

それだけでなく、カラオケ★バトル最強女子ボーカリストNo.1決定戦の初代チャンピオンであり、99点台を叩き出す彼女だが、強豪のひしめく中で2度目の優勝を狙うことができるのか!?

 

  • 歌:郷ひろみ
  • 曲:逢いたくてしかたない
  • 得点:99.071点

 

決勝進出!!

 

③ 惠聖(けいせい)

 

【詩吟代表】

漢文や和歌、俳句など古典の名詩を独特な節回しで歌う日本の伝統芸能『詩吟』、そんな詩吟界の若きエリートが参戦!

33歳という若さで流派のトップである”宗家”を襲名し、全国に300人の弟子を持つ詩吟界のエリートが詩吟独特の『節調』という節を活かせる曲で勝利をつかむことができるのか!?

 

  • 歌:中島みゆき
  • 曲:糸
  • 得点:98.239点

 

④ 安藤常光

 

【大学教授】

大学教授、オペラ歌手、東京交響楽団の合唱指揮者と音楽界で3つの顔を持つ超エリートが参戦!

昨年12月にカラオケ★バトルに出場した際には2016年間チャンピオン翠千賀を撃破するなどトップ7狩りを目指し闘志を燃やすが、果たして今回は決勝に進出し、トップ7の宮本美季さんを撃破することができるのか!?

 

  • 歌:安全地帯
  • 曲:恋の予感
  • 得点:98.991点

 

決勝戦

 

① 藤田麻衣子

 

予選Cブロック:99.071点

 

  • 歌:岡本真夜
  • 曲:Alone
  • 得点: 98.811点

 

② 松阪ゆうき

 

予選Bブロック:99.228点

 

  • 歌:坂本冬美
  • 曲:夜桜お七
  • 得点:98.861点

 

③ 二宮愛

 

予選Aブロック:99.382点

 

  • 歌:Carpenters
  • 曲:(They Long to BE)Close to you
  • 得点:97.856点

 

最終結果

 

ということで、『歌の異種格闘技戦15』の王座に輝いたのは98.861点を獲得した松阪ゆうきさんに決まったようですね!!

せっかくなので、王者・松阪ゆうきさんの美声をお聞きください!

さすが、歌うまの猛者たちから勝ち抜いた王座ですね〜!!

しかも、今回の優勝により『春のグランプリ』への出場権も獲得できたので春のGPがますます楽しみですね!

次回は3月15日の放送の『2017春のグランプリ 4時間SP』になるので、これまで以上に熾烈なバトルが繰り広げられるので次回もまだまだ見逃せませんね〜!!

 

前後の大会結果について!

前回:2月22日『U-18歌うま甲子園 四天王入れ替え戦』の結果&優勝者は誰!

 

まとめ!!

 

今回の大会は『2017春のグランプリ』の出場権をかけたバトルでもあったので、今まで以上に緊迫した戦いでしたね〜!!

そんな中、松阪ゆうきさんは初優勝を飾れて良かったですね〜!!

しかも、トップ7のジャズシンガー・宮本美季さんを破っての優勝だったので、何倍も嬉しかったでしょうね!!

まさかトップ7の宮本美季さんとトップ7狩りの安藤常光さんがどちらも予選敗退という結果になってしまったのが驚きでしたね〜!!

二宮愛さんも、今回は今まで以上に気合が入っていましたが、惜しくも決勝で力が出し切れなかったのが残念でしたね!!

波乱の結果になってしまいましたが、今後もさらにレベルが上がって面白くなりそうですね!!

スポンサーリンク
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

このページの先頭へ