カラオケで歌いたい『秋』の名曲&定番曲BEST15まとめ!

スポンサーリンク

カラオケにも季節にそった歌がありますが、今回は『秋』の名曲や定番曲をピックアップしました!

暑かった夏も過ぎ去り、これから徐々に寒さを感じ始めるころなので、ゆっくりとしたテンポのバラード系が多く上がっているようですね!

そんな『秋』ぴったりなカラオケの名曲&定番曲をご紹介していきます!

gahag-0000515367-1_fotor

 

秋桜

 

アーティスト:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

 

2014年にリリースされ、三代目JSBの春夏秋冬シリーズの『秋』をテーマにした一曲。

哀愁たっぷりで、切なさを漂わせ、秋の代表花とも言えるコスモスの描写に秋の深まりと思いを募らせた名曲!!

 

秋風のアンサー

 

アーティスト:Flower

 

2014年にリリースされ、三代目 J Soul Brothersの『C.O.S.M.O.S.〜秋花〜』のアンサーソングとされているようで、女性の純真な恋心を秋風に例えた切なくも心が洗われる定番曲といえそうですね!

 

サウダージ

 

アーティスト:ポルノグラフィティ

 

ノリの良い曲ですが、秋の風情が感じられ、しみじみとした気分にも浸れるので秋の名曲といえそうですね!!

 

茜色の約束

 

アーティスト:いきものがかり

 

『木の葉散るように』というフレーズが、秋から冬へ移り変わる時の流れという切なさや儚さを連想させ、茜色の空がじんわりとした愛の温かさをイメージさせる、まさに秋の切なさとぬくもり感がある一曲ですね!

 

歌いたいのバラッド

 

アーティスト:斉藤和義

 

歌詞には『冬』というワードができますが、メロディーが秋のロマンチックな雰囲気にぴったりですし、秋から冬の季節へと移り変わりを告げる素敵な曲としてぴったりだと感じさせられますね!!

 

月光花

 

アーティスト:Janne Da Arc

 

歌詞の『散り逝くと知る、花はそれでも、強く生きている色鮮やかに』というフレーズにジーンときますし、スローテンポのメロディが切なさと儚さをより一層引き立て、秋の褐色にぴったりな一曲です!!

 

赤黄色の金木犀

 

アーティスト:フジファブリック

 

2004年にリリースされており、タイトルの通り『秋』をテーマにした一曲です!

赤黄色の金木犀の香りが、過ぎ去ってしまった恋人との思い出を蘇らせ感傷的な気持ちを掻き立てる曲なので、心にジーンときます!!

 

スポンサーリンク

蒼の世界

 

アーティスト:レミオロメン

 

2005年にリリースされ、冬の定番曲として有名な『粉雪』の前作であり、『秋』をテーマにした一曲。

しかも、しっとりと落ち着いた雰囲気の『秋』ではなく、明るく開放的な『秋』の世界を表現しているので、とっても個性的な一曲です!

 

アキラブ

 

アーティスト:Juliet

 

Julietといえば、『ハルラブ』『ナツラブ』『アキラブ』『フユラブ』などの四季における恋愛模様が人気で若い世代から支持されており、その中から『秋の恋』をテーマにした一曲。

しかも、ミニアルバム『シキラブ』に収録されている「もう一つのアキラブ。」という曲はタイトル通り「アキラブ」のもう一つの曲で、恋愛におけるもう一つの側面が綴られており、二人の女性の恋心を秋の雰囲気に包み込んだ秋にぴったりな曲ですね!

 

fragile

 

アーティスト:Every Little Thing

 

スローテンポのメロディに『好き』が伝えられない不器用な女性の思いを乗せたELTの代表曲とも言える一曲。

切なくてもどかしさもありながら、愛しさと温かみがこみ上げてくる秋にぴったりな曲といえますね!!

 

黄昏サラウンド

 

アーティスト:RIP SLYME

 

タイトルから漂う哀愁感が秋にぴったりですね!!

夕焼けと夕闇のコントラストを用いて寂しさをより一層掻き立てる歌詞がたまらなく切ないですが、スローテンポなメロディーに優しく包み込まれている雰囲気にうっとりしちゃいますね。

 

花言葉

 

アーティスト:Mr.Children

 

秋の花である『コスモス』をモチーフにして、失恋を綴った名曲!

コスモスの花言葉は一般的に『乙女の純潔、乙女の愛情、美麗、調和、謙虚』ですが、色によっても意味が違い、『恋の終わり、恋の思い出』と唯一寂しさを感じさせる黒色のコスモスをイメージした一曲なのかも…。

 

Baby Don’t Cry

 

アーティスト:安室奈美恵

 

キャッチコピーが『切なくも輝いた”幸せな気持ちになれる”飛躍的なミディアム・ポップナンバー』となっており、悲しい時に前へ進む力を与えてくれる一曲ですね!

また、PVからも秋の風景が映し出され、枯葉道を颯爽と歩く姿に強さと逞しさを感じさせ、勇気を与える感じがとっても素敵ですね!

 

えりあし

 

アーティスト:aiko

 

恋する女性が恋人に振られてしまった切ない失恋ソングで、スローテンポなメロディと秋の雰囲気や哀愁が重なり、切なさが一層増して心に残る名曲ですね!

また、メロディーが秋から冬へ季節が移り変わる雰囲気を感じ、aikoファンの方々は秋の歌として選んでいるようですね!!

 

秋桜

 

アーティスト:山口百恵

 

作詞作曲された”さだまさし”さん独自の耽美(たんび)な世界に浸ることができる秋の定番曲!

また、若くして引退された往年の名歌手の山口百恵さんの雰囲気も一言で表現すれば『秋』と言えますし、まさに心に残る名曲でしょうね!!

 

スポンサーリンク
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

このページの先頭へ