【カラオケバトル】7月13日”チャンピオンズカップ2016”の結果&優勝者!

スポンサーリンク

2016年7月13日に放送された『THEカラオケ★バトル チャンピオンズカップ2016』の優勝者や、出場者の選曲とそれぞれの得点などの内容についてまとめました!

今回は全国各地の歌の大会王者が集い、チャンピオンの中のチャンピオンを決める番組史上で最もハイレベルな戦いが繰り広げられたようですね!

年齢性別さらには、プロアマが入り乱れた王者だらけの白熱バトルを制した優勝者や得点などを交えて見ていきましょう!

160713_Fotor

 

予選Aブロック

 

① 斎藤伶奈(24才)

 

31の国や地域が参加し、アマチュアシンガー世界位置を決める世界最大のカラオケ大会『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2015』の日本代表に選ばれた歌姫。

 

  • 歌:Superfly
  • 曲:愛を込めて花束を
  • 得点:98.230点

 

② 竹野留里(16才)

 

2012年に無形文化財にも指定された北海道の由緒ある代表的な郷土民謡『どさんこ甚句(じんく)』のイベント『どさんこ甚句全国大会』にて、大人も参加する一般部門にて最年少優勝、さらには民謡で最高の栄誉である『名人位』も最年少で獲得した秀才理系女子高生。

 

  • 歌:美空ひばり
  • 曲:川の流れのように
  • 得点:98.816点

 

決勝進出!!

 

③ 石井敦子(18才)

 

祖父・母が民謡の先生と三代続く民謡一家で育ち、幼少期から民謡を学んできた民謡エリート。

『NHKのど自慢』の毎週選ばれる各地方の優勝者が一堂に会し、年に一度行われるチャンピオン大会にて、2015年の優勝を果たしてチャンピオン。

 

  • 歌:森昌子
  • 曲:越冬つばめ
  • 得点:97.074 点

 

④ 木村文香(21才)

 

毎年2000人以上の観客を記録し、全国から集まったアカペラグループがきそう国内最大規模の大会『Japan Acappella Movement』にて、およそ200組の中から優勝した男女6人の混声グループのリードボーカリスト。

 

  • 歌:絢香
  • 曲:おかえり
  • 得点:96.956点

 

予選Bブロック

 

① 工藤和馬(26才)

 

名作ミュージカル『レ・ミゼラブル』を愛する歌うまたちが、『レ・ミゼラブル』の楽曲で競う大型歌唱コンテスト『レ・ミゼラブルのどじまん・思い出じまん大会』にて優勝を果たしたのが、クラシック歌唱チーム『スロイ歌劇団』。

そのチームの一員で東京藝術大学声楽家出身、プロの声楽家。

 

  • 歌:シャ乱Q
  • 曲:シングルベッド
  • 得点:97.665点

 

② 藤井舞乃空(11才)

 

子供から大人まで10000人以上がエントリーし日本全国から歌うまが集まる『琵琶湖カラオケ大会』のチャンピオンで、2015年にポップス部門にて優勝し、前回放送の『カラオケ★バトルのU-18歌うま大甲子園』でも決勝へ進出した歌うま小学生。

 

  • 歌:大原櫻子
  • 曲:瞳
  • 得点:98.424点

 

決勝進出!!

 

③ エドアルド(32才)

 

ブラジル生まれだが、幼少期から演歌を聞いて育ち、日本で歌手になりたいと来日し、埼玉の人気ローカルカラオケ番組『からおけ1ばん』で毎週優勝者が決められ、その優勝者が一堂に会し開催された2014年チャンピオン大会で優勝、その翌年には念願のメジャーデビューを果たしたプロ歌手。

 

  • 歌:河村隆一
  • 曲:Love is…
  • 得点:97.087点

 

④ fumika

 

2010年に音楽配信サービス『レコチョク』が主催し、10000人が参加した国内最大級のオーディションにて見事グランプリを獲得し、同時に歌手デビューも果たした歌姫。

 

  • 歌:秦基博
  • 曲:ひまわりの約束
  • 得点:98.922点

 

スポンサーリンク

予選Cブロック

 

① 大坪慎太郎・知佳(夫婦)

 

過去には氷川きよしや北山たけしも最優秀賞を受賞した九州No.1を決める歌唱大会『大川音楽祭』にて、大会史上初のデュエットにて最優秀賞を獲得した最強夫婦。

 

  • 歌:花✳︎花
  • 曲:さよなら大好きな人
  • 得点:98.850点

 

決勝進出!!

 

② 森下春奈(22才)

 

東京や大阪で月1〜2回のライブ活動を行いながら、メジャーデビューを目指し、2016年3月にNHKで開催されたアマチュアアニソンシンガーNo.1を決めるのど自慢番組『アニソンのど自慢G〜天下一アニソン武闘会〜』で見事に優勝したチャンピオン。

 

  • 歌:和楽器バンド
  • 曲:戦-ikusa-
  • 得点:95.402点

 

③ 間聖次朗(18才)

 

東京藝術大学に通い、バイオリンやピアノなど各ジャンルの学生日本一を決める最大級の権威ある大会『全日本学生音楽コンクール』の声楽部門チャンピオン。

 

  • 歌:MISIA
  • 曲:逢いたくていま
  • 得点:98.445点

 

④ 牧野由里香(41才)

 

文化庁・厚生労働省後援の下、30年以上も続く歴史ある大会『日本大衆音楽祭』の2016年の内閣総理大臣賞を受賞したチャンピオン。

 

  • 歌:山口百恵
  • 曲:いい日旅立ち
  • 得点:99.328点

 

決勝戦

 

① 竹野留里

 

  • 歌:夏川りみ
  • 曲:涙そうそう
  • 得点:99.530点

 

② fumika

 

  • 歌:宇多田ヒカル
  • 曲:花束を君に
  • 得点:98.543点

 

③ 大坪慎太郎・知佳

 

  • 歌:絢香×コブクロ
  • 曲:WINDING ROAD
  • 得点:98.725点

 

最終結果

 

ということで、優勝者は99.530点を叩き出した、民謡日本一の秀才理系女子高生・竹野留里さんに決まったようですね〜!!

せっかくなので、優勝した竹野留里さんの決勝戦で披露した美声をご覧ください!!

様々なチャンピオンの中から頂点を極めた真のチャンピオンですし、U-18のバトルも頑張って頂点を極めて欲しいですね〜!!

次回は『歌の異種格闘技戦11』で、各ジャンルにて活躍する歌のプロ達が熾烈な戦いを繰り広げられるようなので、見逃せませんね!!

 

過去の放送内容や優勝者が見たい!

前回:6月22日放送『U-18夏の大甲子園』の結果&優勝者は誰!

次回:7月27日放送『歌の異種格闘技戦11』の結果&優勝者は誰!

 

まとめ!!

 

今回は年齢問わず、さらにプロアマ混合の中での優勝した高校生の竹野留里さんは本当に素晴らしかったですね〜!!

今回の勝った感覚を次回のU-18大甲子園に生かして、ぜひ頂点を極めていただきたいですね!

さて、次回は10冠達成した城南海さんが参戦するので、白熱したバトルが期待できそうなので楽しみですね!

スポンサーリンク
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

このページの先頭へ